FC2ブログ

ちょっとお茶を・・・ ピアノカフェ

京都在住ピアノ講師のブログです。日常のこと、レッスンでのできごと、動物好きなのでそんなことも少々・・

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おしりをゆかにつけてください ─ ピンクの象 


脳は、「○○するな!」、という命令には従えないのだそうです。

だれにきいたか忘れてしまったけれど、「ピンクの象のことは考えないで下さい、と言われたら、いくら考えないようにしようと思っても、ピンクの象があたまに浮かんできてしまうでしょう?」

なるほど。。。じゃあどうすれば? 「脳が従えるかたちの指示、”○○をしろ!”という指示にします。たとえば、”青い象のことを考えて下さい!”どうですか?」。 むむ、なるほどそれならできます。ピンクの象も消え・・・ました。

前に、小学校の音楽鑑賞コンサートでピアノを弾いた時のことですが、プログラムが進むにつれて、子どもたちは大盛り上がり。先生たちも参加の振り付け遊びのコーナーでは、みんな振り付けに、そして自分の担任の先生の応援に大興奮になってしまいました。

楽しんでくれているのは嬉しいけれど、この後のクラッシック鑑賞のプログラム、大丈かしら、静かに聴いてくれるかなぁ。
そう思っていると、司会役の歌のおねえさん、

「ではみなさ~ん、おしりをゆかにくっつけてくださ~い!」

おお、なんと具体的な指示。
私はピアノのいすに座っていたのですが、私までおしりをゆかにくっつけたくなりました。

そして小学生の観客さんたちはみんな座って、それなりに落ち着いて続きのプログラムを楽しんでくれたのでした。

「立ったらだめ!」とか「しゃべらないで!」とかつい言ってしまいそうな場面だけど、歌のおねえさんが言ったのは、ただ、「おしりをゆかにくっつけて下さい」だけでした。そしてこれが本当にききめがあった。


感心してあとで歌のおねえさんに聞いてみると、幼稚園などでは、先生方がそういう言い方をされているということ。

皆さん工夫されているんだなぁ、ともうひとつ感心してしまいました。



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

最新記事

nekothermo

最新トラックバック

ご訪問ありがとう❤

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。