FC2ブログ

ちょっとお茶を・・・ ピアノカフェ

京都在住ピアノ講師のブログです。日常のこと、レッスンでのできごと、動物好きなのでそんなことも少々・・

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カデンツ再び

きょうのおすすめ番外編、カデンツ再び。 
それでもカデンツに苦労している人へのエール。(以前の記事は➜こちら

え~と、カデンツ上手の小学生Kちゃんの練習のコツはためしてみた? (Kちゃんのコツ) 
カデンツって右手の和音もむつかしいけど、左手もけっこうむつかしい。
これにはワケがあって話せばながくなるんだけど、簡単に言っちゃえば、カデンツってある種「型」なので、とっても凝縮されてるんです。和音も一個一個ちがうし、左手と右手の動きも複雑に組み合わさってる。
右手こっちこっち、あわわ左手どこ!?ってなる人は? はーい!(え、ならない?そんな優秀なあなたはおすすめシリーズ読む必要ナシね。) なので片手、効く。

片手でもじゅうぶんむつかしいって人いますか?え、いつ弾いても、どの調で弾いてもむつかしい?
そうですか~。。。でもね、そのむつかしいカデンツにもひとつ、いい点があるんですよ。

それはどの調で弾いても手の形が同じってこと! 音階は調によって指使いちがうでしょ?でもカデンツはいつもおんなじ!
それがどうしたって?そんなのなぐさめにならない?

そうかなあ。。。そんなアナタはぜひまず右手で「エア和音」やってみて。こちら➜ 「エア和音」 にもありますがいっしょにやってみましょうか。

やり方:
カデンツの右手、どんな手の形だったか、ひとつずつ空中で形をつくってみます。

ハノン教則本のカデンツのハ長調なら最初は「レラド」
使う指は、親指、3の指、小指の三本。形はどんな?親指と中指の間がけっこう開いてますよね?
手でハンコをつくるつもり。うまく形ができた、と思ったら、鍵盤に合わせてみましょう。ぴったり合ったかな?ポンってハンコをおすつもりで弾いてみましょう。(今ピアノないよって人はあとで合わせてみてね)

次の「ミソド」も同じようにやってみましょう。ミソドは1、2、5の指ですよ。どんな形?できたら鍵盤に合わせてみて。

そして「レファソシ」と最後の「ドミソド」は指4本使います。大型ハンコですね。使う指は同じでも形がびみょうにちがうのよ。「レファソシ」は真ん中で2と3の指がくっついた感じ。そして「ドミソド」では全部の指がかなり開くかな。 

(あ、手が小さい人は最後の和音の下のドは弾かなくていいですよ、1、2、5で「ミソド」って弾きましょう。)

さて、どうでしょう?ソロバンのとくいな人って空中でこちょこちょってやっただけで計算できちゃうでしょ?
それとか漢字の書き順を思い出すのに空中で書いてみたり。
「エア和音」もそれとちょっと似てる。空中でハシっと和音をつかまえます。1個ずつできたら4個連続ワザも挑戦して下さいね。

そして、ハ長調のカデンツの和音を、空中だろうが鍵盤だろうがいつでもハシっとつかまえられるようになったら、あとはト長調でもニ長調でも変ト長調でも変ニ長調でもなんでも、みんな同じ手の形!!! ファイト。

たまに黒鍵あるけどね。^^ (「たまの黒鍵が問題なのよ!」って人は ➜こちら がおすすめです。)


まじめな蛇足:カデンツがよく課題に出るのは、先に言ったようにそれがある種凝縮された「型」なので、「型」を身につける、ということがあるのだと思います。
ソロバンや漢字の書き順のように、指先や手が「型」を覚えてくれると、色々な曲を弾く時に役に立つのです。
特に和音は一度にいくつもの音を弾くので「ドと~ミのフラットと~ファのシャープと~」って一音ずつ読むのは大変ですよね。「型」を練習することで、あまり考えなくても手が(そしてもちろん 「耳」 が)いろいろな和音をすっとつかんでくれるようになるのです。

そして、なんでもだと思うけど、「型」を身につけるにはそれなりの「くりかえし」がかかります。気長にね。

ピアノ練習法 カデンツの練習 和音の練習
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

最新記事

nekothermo

最新トラックバック

ご訪問ありがとう❤

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。